オフィスビルの部屋を借りて不動産業を始める ~メリットと注意すべき点は?~

宅建業を開業するにあたって、実際に営業を行う場所は大切な要素の一つです。 詳しくは、宅建業免許の申請前に整えておくべき条件のページをご覧ください。 開業する場所としては、オフィスビルの一角を使用して、というのが主流で皆さ…

続きを読む

【徹底解説】宅建業免許取得から不動産業の営業開始までの全体像

「長い間不動産会社で働いてきたけれど、そろそろ自分の不動産会社を持って独立したい!」 「何か事業を始めたいけれど、不動産業はどうだろうか?」 「親からかなり広い土地を相続したので、これを売って儲けたい!」 きっかけは様々…

続きを読む

保証協会の事務所面談ってどんなもの?何を聞かれるの? 

不動産業を始めようとして宅建業免許を取得する手続きを進めると、ハトとウサギ、どちらの保証協会に入会する場合でも、協会による事務所面談があります。 これは事務所の実地調査と入会面接を兼ねたものになるので、保証協会の入会手続…

続きを読む

不動産業の保証協会の加入手続き~どのように行うのか?~

宅建業免許取得にあたり、「保証協会」や「ハト、ウサギ」というワードを耳にされたことはあるでしょうか? 宅建業を営む上では、何か事故があったときにお客様へ支払う賠償金を確保しておくため、最寄りの法務局に「営業保証金」を供託…

続きを読む

保証協会の仕組みと加入するメリット・デメリット 

不動産業、つまり宅建業は扱う商品の額が大きいため、何かトラブルがあった場合に高額な損害を賠償しなければならなくなる場合があります。 しかし、全ての業者がすぐに賠償金を支払えるわけではありません。そうなるとお客様は泣き寝入…

続きを読む

【士業の方向け】士業の方が不動産業をやりたいときに注意する点 

宅建業免許の取得や変更を代行する行政書士や不動産登記を専門に取り扱う司法書士など、不動産業界と関わることの多い「○○士」、いわゆる士業の皆様の中には、不動産関連の仕事をしていく中で自分でも不動産業を経営したいと考える方も…

続きを読む

☆「宅建持ってるよ!」という知り合いに専任の宅地建物取引士を務めてもらう予定の方へ 

宅建業を営む上で大切な要素の一つに、「専任の宅地建物取引士の設置」があります。ご自身で宅地建物取引士の資格を持っていない場合は、専任の宅地建物取引士を務めてくれる人を探すことが第一ということになります。どんなにお金があっ…

続きを読む

他の都道府県へ不動産会社の本店移転をするとき

都道府県知事免許を受けている業者の本店移転は、新しい都道府県知事免許への免許換えという手続きにより行います。 免許換えといっても、新しい都道府県知事から免許を受けることになるわけですから、事実上は新規の免許をもう一度受け…

続きを読む

行政書士に宅建業免許の取得を依頼するメリット 

宅建業免許の申請、自分でやってみようと思ったけど書類が多くてよくわからない! 保証協会?都道府県に申請して終わりじゃないの? 変更届を出していなくてお叱りのお手紙が来た・・・。そんなの知らなかった! 宅建業免許の申請は、…

続きを読む

宅建業免許が下りた後に気を付けること

都道府県庁から免許証を受け取り、保証協会への加入手続きも無事に終わり、ようやく一段落・・・と言いたいところですが、免許を受けた後も開業前にやらなければならないことは残っています。 用意しなければならないものは法律で決まっ…

続きを読む

宅建業免許の取得や不動産会社の設立に関するご相談や、手続き代行・サポートに関するご依頼につきましては、お電話またはメールにて承っております。

メールでのお問い合せは24時間承っておりますが、返信にお時間を頂く場合がございます。お急ぎの際はお電話にてご連絡ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

当事務所での相談のご予約は、希望日時と場所をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る